2010年04月23日

内田春菊 生い立ち

漫画家・作家・女優の内田春菊ですが、その生い立ちには様々な噂があります。


内田春菊/魔女復活

wikiから引用します。

1984年、ペンネームの名付け親でもある編集者・プロデューサーの秋山道男に見出される。その後、彼女の個性を認めたいしかわじゅんの紹介もあって、双葉社発行の『小説推理』に掲載された『シーラカンスぶれいん』で漫画家としてデビュー。性的な事柄をストレートに描き、岡崎京子、桜沢エリカらと「女の子エッチ漫画家」として人気を呼ぶ。また、エッセイ、漫画エッセイ等も執筆し、その社会一般の価値観への異議申し立てで人気を博す。

1993年に発表した初めての小説『ファザーファッカー』はベストセラーとなり、第110回直木賞の候補作となった(1995 年に映画化)。翌1994年には『私たちは繁殖している』・『ファザーファッカー』両作合わせて第4回ドゥマゴ文学賞を受賞。また『キオミ』で第112回芥川賞候補。同年『南くんの恋人』がテレビドラマ化(2004 年にもリメイク)された。

クラブ歌手だった経歴を生かし、1983 年にラテンバンド「アベックス」を結成して歌手活動も行なっていた。

また、女優として映画、ビデオ、舞台等にも出演している。

春菊(しゅんぎく)という筆名は本名である滋子が聞きようによっては「しゅんぎく」と聞こえることから名づけられたとする説がある。 また、漫画『私たちは繁殖している』では自らを「ジジ」と名乗っている。

3度の結婚歴があり、現在の夫である俳優の貴山侑哉とは戸籍上は離婚しているが、事実婚の形で同居している。 子供は4人(前夫との間に2人、現在の夫との間に2人)おり、長男「在波(あるは(ふぁ))」長女「紅多(べーた)」次女「紅甘(がんま)」次男「出誕(でるた)」はギリシャ文字のアルファベット順に名づけられた。


さらに、幼少期の頃、義父から性的虐待を受けたともいわれています。
だから・・・


内田春菊についてもっと探す>>
posted by あおぞら at 20:48| 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あおぞらのブログ サーバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。