2010年05月04日

二律背反 意味と例

今回はやや哲学に関わる話をします。

大辞泉増補・新装版』の説明がわかりやすいので、そこから引きますが、


大辞泉増補・新装版

二律背反の意味とは、「哲学で、相互に矛盾する二つの命題(定立と半定立)が同等の妥当性をもって主張されること」です。「アンチノミー」という人もいますが、これは「二律背反」と同じ意味です。

昔から言われて来た二律背反の例として、普遍的な因果性に関する自由の問題があります。
すなわち、

・世界には、自由による原因がある。
・いかなる自由もなく、すべてのものは自然(必然)である。

という二律背反です。

どちらもそれなりの説得力をもって主張されてきました。
具体的に例を挙げつついうと、「我々の普段何気ない行為は我々の偶然的な意志によってなされる」といえば自由を認めねばなりませんし、一方「いかなる出来事も先行する原因がある」(あらゆる出来事は時系列に並べられる。例えば、食べるという行為には空腹の発生という原因がある。空腹の発生にはエネルギーの消費という原因がある。エネルギー消費には生命活動の原因があり…)といえば必然性を認めねばなりません。

二律背反についてもっと探す>>
ラベル:二律背反 意味
posted by あおぞら at 10:38| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

300 映画DVD スリーハンドレッド 感想・批評

映画の300[スリーハンドレッド]は、フランク・ミラー作のグラフィック・ノベル『300』[スリーハンドレッド]を元にして、ペルシア戦争のテルモピュライの戦いの様子を描いた作品です。


300 スリーハンドレッド 特別版(DVD)

この映画に対し、イラン人の先祖であるペルシア人を激しく冒涜しているとしてイラン政府が非難しています。
映画製作関係者らは、「この映画は、単にイラン人とスパルタ人の戦争物語を、フィクションで語っているもので、歴史を正確に伝えるものではない」と説明しています。

300 スリーハンドレッドについてさらに探す>>
posted by あおぞら at 04:13| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

hide 死因

hideさんの13回忌の法要がありました。


Hide ヒデ / We Love Hide 〜the Clips〜

hideさんの死因については自殺とされたこともありますが,いまだに謎です。
詳しい情報筋からは,酒・薬物濫用による幻覚症状がもたらした事故だと死因を説明する声もあります。

真相は一体どういうことなのでしょうか?
なんと・・・!?

hideについてさらに探す>>
ラベル:HIDE 死因
posted by あおぞら at 22:54| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
あおぞらのブログ サーバー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。